PROFILE
篠原藍
幼少より、クラシックバレエ、モダンバレエを始める。
大学で油絵を学びながら様々なアーティストと共演する楽しさを覚えその後 渡仏。
コンテンポラリーダンスに出会う。様々な振付作品に参加。
2007年からイタリアのダンスカンパニー『Veronika riz dance company』にて、ダンサーとして活動。
しなやかで時に激しい その無駄の無い動きには定評がある。
自ら演出、振付も行い、定期的に作品を発表している。
現在クラシックバレエをデビット・ピックンに師事。アレクサンダーテクニックを石坪佐季子に師事。2015年より本格的にピラティスを学びダンスの指導に生かしている。PHIピラティス。Body Control Pilates産後ピラティスインストラクター
近年の演出、振付作品紹介
  
2013年『P.S.』
自身のソロ作品。みなとみらいホールで発表。映像はこちら
  
2013年『NEW MOON』
ベリーダンサーとの共演作品。映像はこちら
2012年『TSURI ONNA』
八王子車人形 5代目 西川古柳を迎え日本古典文学『釣女』を現代板にアレンジした作品。ダンス、浄瑠璃人形、音楽の共演。映像はこちら
芸術文化活動支援制度の対象作品
2008年〜 『Dance Cafe Project』
ダンスを見せる為のスペース、劇場ではない魅力的な空間を使って、その空間を生かしパフォーマンスをするという試み。レストラン、美術館、野外など 魅力的な場所を見つけては開催している。2012年には、KEITH HARING美術館にて4回の連続パフォーマンスを行う
2004年 『INSIDE OUT』
チェーホフの短編小説を題材に制作。
個々様々なバックグラウンドを持ち、異なったジャンル(コンテンポラリー、ジャズ、フラメンコ、ヒップホップ)の
技術力を持ったダンサーが集まる事によって、新しい形のパフオーマンスを作り上げた。
2004年 SPACダンス・フェスティバル ファイナリスト。
2006年 横浜ダンスコレクションR ファイナリスト
PROFILE
Ai Shinohara
Ai started to practice classic ballet and modern ballet since childhood.
After graduated from Art university Ai went to Paris, Ai attends to many famous contemporary dance schools, and Ai could enrich her soul and improve her dance skill.
Since 2007 Ai worked with Veronica Riz dance company. Base in Italy, Ai has been travelling for few years for special project as pro dancer. In Japan Ai is working freelance.
My works /Production. Choreography/
2012 『TSURI ONNA』
Ai collaborate Japanese traditional puppet artist .this project was supported by city of Yokohama.
2008〜『Dance Cafe Project』
Ai been working on” Dance Cafe Project “the idea is to dance and perform without stage. Some of the Venus is art museums, art supporting cafe and funky space & lounge & restaurants.
2004 『INSIDE OUT』
Ai has been choreographer the one of her first projects. Idea from Anton Pavlovich Chekhov short story Collaborate with skillful dancers from various genres (contemporary,jazz,hiphop,and flamenco) We were working together to create a new style of performance.
Spac dance festival. Finalist
Yokohama dance collection. Finalist